読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐『Power of the Paradise』/AYH?への期待

まずどこから書けばいいのか…という話なんですが、まぁ正直、2016(愛叫、復活、Is/Dl)のシングル、すべて好きというか、よき!と思っていたところ、リオのテーマソングという超露出する曲で、んぁびみょ~wという感想だったんだけど(笑)、これは個人的には2017という扱い(これからアルバム前に1枚シングル出すサイクルになるのかな…?)をします。曲もやっとリズムがつかめてきたかな…?といったところですかねー。なんか、わかる人だけわかってほしいんだけど、娘。の「涙ッチ」とか「みかん」みたいな感じで歌ってほしい。まぁ踊っちゃってるんだけど、わりと…。

メイキング、かわいいのひとこと…

それよりもシークレットトークの内容に収穫があるんですよー!シークレットしてないシークレットトーク、あるなら先に言ってほしい(笑)

以下ネタバレあり

 

前半のグダグダトークかわいいのー。岡田。シークレットトイレ、「あー・ゆー・はっぴぃ?…あってるじゃん…」など小ネタさまざま。「やれや。やらせるぞ。」がまーヲタ的に一番すき(笑)

※櫻井くんの高笑い、5人トークでしか出さない部分含めて超すきなんだけど誰か名前つけてほしい。

「ハハハ ハミ゛ンッグwwwwwwwww」

私は、アラジゃポトークの「みんな大変だね」トークを何も考えずに"ソロの趣向"として何やるんだろうなぁ楽しみだなぁくらいしか考えてなかったんですけど、まさかあんな、ソロにあんな仕掛けが!?あのトークはこうなるの!?と、あまりの浅読みを反省(というか革新的なことをする嵐が悪い)したんですよ…。もうヤツらを信じない…すべて疑ってかかろうと思います。まぁ、今回は情報として「メンバーがそれぞれ5人曲を手がける」ということが既に発表されているので、そのことだなぁというのがわかるんですけど、この「想像」の段階がやっぱりめちゃ楽しいね。曲きいてまた他の楽しくなるんだろうなぁー。

コンセプトがっちり路線から外れたことに多少、不満とまではいかなくても寂しさみたいなのを抱いてたんですけど、櫻井翔さんのラップ曲のくだりで「絶対楽しいやつになる!!!」と確信を持てました。これから、というか今年は個人の色を出していくことがやっぱりミソなのかな。それ知って最初は「新しいフェードきたな」と思ったんですけどよく考えればjaponismのソロコーナーはそのための布石だし、japonismはDIGITALIANと繋がってるし、文脈があって楽しいね…。まぁ私は行ったやつ(BW以降のアルバムツアー)しかほぼ考えてないし知らないんだけども、夏・秋にやる方(アラフェス・ハワイ・宮城・アリーナなど)は独立したものとしてやってるのか、どうなんですか?影響してるようなしてないような…。私はアルバムツアーのみで"文脈"は成立していると思ってるんですけど…

ラップの分担するときに、あくまでも全体を考える松本潤くんまじで天使では。自分がやりたいのは細かく韻踏んでるラップだけどメロありラップ2人ぐらいほしいから…って…自分を大切にしていただきたい。あと語り、期待してますよ…。

相葉さんの「アツい」ものってなんなんだろうね。私はあの、ハンドベルでもやるのかなって浮かんだ(笑)超シュール(笑)たのしみたのしみー、各々の作家性、ちょうたのしみです。

そんなこと言ってたらもうリード曲出るの!?!?!?!?タイトル「Don't you get it?」ということで、今週末にはOA…やだー!知りたくないー!ていうか最近のリード曲のタイトルがキャッチーだったのでなんて口にすればいいのかわからねー!!!そんで相変わらずゴリゴリに攻め攻めてるー!好きーー!ただ「たぁのしぃ~~~~~~~~~!!!!!↑↑」だけではないやつ期待してます。いつも言ってるけどなんかオシャレなタイトルだし今年こそファンクこい!!!!!!

 

パワパラを見るときにPARADOXぐらいからのいくつかPVメイキングを見てたんですけど、当然アルバムを作ってる最中~ツアー構想みたいな時期なので、言ってることがすごいおもしろいですね。そのコンセプトに行き着いたとこから言ってくれてたりね~

実際、AYH?がどこからそうなったのかってまだ誰も言ってないので、これから小出しにされてく情報を集めつつね~~。第一段階としてこのシークレットトークがあったわけだけど、まだ、思想的なところまでは言ってくれないというか、「今年は広い感じでやるよ~!個人もやるよ~!」くらいだったかな。

なんで「Are You Happy?」にした?、なんで個人コーナー作った?、結局「嵐の考える今の嵐」とは?(なぜそれを「今」考えるのか?も含めて)あたりが今後の発言(もちろんアルバム・ライブ本編も)から汲み取っていきたいポイント!

話戻すけど、ZERO-GのメイキングDVDを見てて思い出したの。私がデジタリアンを最初からめちゃめちゃ好きになった理由は、たまたまちょうどEDMにハマってたということの他に、「(誰もが5×15を予想していた)15周年のアルバムで、メモリアルに寄るのではなく先に進むことを選んだ(どころか何よりも先に行ったライブを作っちゃった)」というところだなぁって思いました。まる。

当たり前なんだけどスッピンデジタリアンではあんまりその思想的部分に触れられてないにも関わらず楽しいからめっちゃ見てたわ。っていう。何の話だ…。

 

パワパラ出たの、いうて2週間前だった。セーフセーフ!!!!